« ワークショップ「発達障害者支援における専門職の役割と倫理」 | トップページ | ワークショップとは、ファシリテーターとはなんぞや? »

発想する大学! ――広報メディアの新たな可能性を探るワークショップ

CoSTEPが全面的に制作に取り組んだ北海道大学広報誌『リテラポプリ』特別号のお披露目を兼ねてワークショップが開催されます。

この特別号では、これまでの『リテラポプリ』とは、デザインも内容も全く違った雰囲気になるようですよ。

姫の職場であるS機構の特集ページもあります。その中に姫のインタビュー記事もあるのですよ。姫も完成品はまだ見ていないので、とっても楽しみです

こうした機会に、H大の広報課、博物館、アドミッションセンター、各部局・・・など様々な組織で広報に携わる人達が集まれるといいな。

少しでも横のつながりを深めたいです。

これまであまりに希薄だったもので。。。

詳細は以下の通り

========================
◎発想する大学!
  ――広報メディアの新たな可能性を探るワークショップ

CoSTEPの2009年度「広報メディア企画・制作」実習では、北海道大学の広報誌『リテラポプリ』の制作に取り組みんできました。2月上旬にはその成果として、従来の誌面構成やデザインを大胆にリニューアルした高校生向け特別号が発行されます。この特別号のお披露目を兼ねたワークショップを2月13日に行います。
 特別号の企画・制作にあたって、わたしたちは北大に潜在する豊穣なモチーフを限られた誌面にどうデザインするのか、徹底的に議論を重ねました。その制作プロセスの背景にあったのが、“北海道大学×情報デザイン=リテラポプリ”という図式です。
 異質な要素を組み合わせ、その中から潜在的な価値を発見し、それを際立たせ、分かりやすく表現していく情報デザインの考え方。今回の特別号では、いくつかの試みを模索しましたが、まだ十分やり尽くしたとはいえません。そこで、実際の『リテラポプリ』特別号を題材にしながら、新しい広報メディアづくりの可能性や課題をみなさんと一緒に考えていきたいと思います。
 組織の広報のあり方や、地域におけるメディア・デザインに関心をお持ちの方
の幅広いご参加をお待ちしております。

【開催要項】

主催:北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット(CoSTEP)
広報メディア企画・制作チーム
日時:2010年2月13日(土)14:00~16:00
会場:北海道大学理学部5号館201号室(札幌市北区北10条西8丁目)
プログラム:

1)プレゼンテーション「大学広報誌の情報デザイン」
2)ワールドカフェ形式(*)のディスカッション

参加:無料

(*)ワールドカフェとは、カフェのようなくつろいだ場の中で、多様な人々がメンバーを変えながらディスカッションを繰り返し、新しい考え方をみんなでつくり上げていく話し合いの手法です。

【お申込み・問い合わせ】
北海道大学科学技術コミュニケーター養成ユニット(CoSTEP)
(担当:渡辺保史)
メール:wtnb(アット)costep.hucc.hokudai.ac.jp
※(アット)→@ に修正してお送りください。

|

« ワークショップ「発達障害者支援における専門職の役割と倫理」 | トップページ | ワークショップとは、ファシリテーターとはなんぞや? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 発想する大学! ――広報メディアの新たな可能性を探るワークショップ:

« ワークショップ「発達障害者支援における専門職の役割と倫理」 | トップページ | ワークショップとは、ファシリテーターとはなんぞや? »