« ロケット飛ばします | トップページ | 微小重力実験 in コズミックカレッジ »

寂しくなります

またしても色気のない休日を過ごしてしまったM姫。。。
しかも2つばかり工作したのですが、どちらも大人げ無く熱中してしまった。。。


久しぶりの半田ゴテは思っていたよりも楽しかった。植松電機の皆様に助けられながらも上手に出来て嬉しかった。。。


本日はCoSTEP博士研究員のOさんの送別会でした。寂しくなります。

H大に務めてから何人の人を見送ったことでしょう。

私の周りの若い人達は、外部資金で雇用されている年限付の教員や職員ばかり。。。

これからもきっと多くの人を見送る事になると思います。

せっかく来てくれた必要な人材を、とどめておけない大学の人事システムは何とかならないものなのでしょうか。
 

Photo

|

« ロケット飛ばします | トップページ | 微小重力実験 in コズミックカレッジ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いやうらやましいです
申し込みをしていたのですが、仕事が入ってぼつ!
ある意味植松さんにも迷惑かけた形になってしまったので、申し訳ないやら、楽しそうでうらやましいやら!!

投稿: 高橋徹哉 | 2008年9月25日 (木) 17時40分

高橋徹哉さま

はい。ブログからもお察しの通り、とても楽しかったです。

でも、すぐにまたチャンスはやってきますよ
なにしろ毎日がコズミックカレッジになるらしいですから

このイベントの参加者は親子連ればかりだったので、参加者の人や取材に来ていた人に子供と参加する母親だと勘違いされてしまいました
それがとーってもとーってもブルーだったんです。
お・と・なのコズミックカレッジも開催して欲しいです

投稿: M姫 | 2008年9月25日 (木) 23時15分

それと、大学は人が通りすぎる場であることは宿命だと思います。
人が大学で技術を磨いて、生産の場である社会に広がっていかないとちょっときついのかなとも思います。
継続的にその場で研究を続ける大切さもありますがそれを実現するには企業や社会とのつながりが必要になるのでしょうね
そういった意味では永田先生と植松さんとの関係は理想的な関係なのでしょうね。

ちなみに植松さんはわたしの4年先輩になります
学科は違いますが・・・

投稿: 高橋徹哉 | 2008年9月26日 (金) 09時45分

流れるところと、じっくり腰をすえて出来るところと両方あると良いのですが、若い研究者だけが流れているのはハテ?と思ってしまいます。
大学で数年働いた人を受け入れる土壌が社会にもっと広がると良いですね。
何年も就職活動しながら働く状態が続くのは、かなりツライものがありますよ。

投稿: M姫 | 2008年10月 2日 (木) 00時10分

大学で職員として働くならきちんと身分と生活を保障してやる。
大学で学生として学ぶならきちんと期間限定でかつ技術力向上を条件に身分と生活を保障する
(パイロットの養成で駄目なやつは切られるイメージ)
そしてそのキャリアはきちんと認めてあげ、社会も大学から出てきたキャリアをうまく使える仕組みを持つ
メリハリがばきっと効いた関係をうまく構築できればいいのですが・・・

投稿: 高橋徹哉 | 2008年10月 2日 (木) 19時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寂しくなります:

« ロケット飛ばします | トップページ | 微小重力実験 in コズミックカレッジ »